格闘技で疲れても…スポーツジムは別腹☆


by omote3k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

我慢大会

今日の稽古には海外からの見学の方が見えていた。
クマのようにでかいなあと思ったら実は15歳の少年と聞かされてビックリ
何を食べればあんなにでかくなるんだろう??

稽古の後である人が家庭の不満をぶちまけた。
先日仕事で実家のある地域に出張したので実家に顔を出した。
前もって連絡をせずに突然行ったら父親が脚をひきずって歩いているので「どうした?」と聞いたら、庭の木の枝を脚立にのって切っていた時に誤って脚立から落ち、その時に足の甲に持っていたはさみが落ちてつきささり10針縫ったと聞かされて驚いた。そんな大変なことをなんで連絡しないのだと怒ったら「別にたいしたことはないしそんなに痛くもなかった。」と言われたとぶちぶち怒っている。
「痛くないってそんな訳はないだろう」と言うので「おまえが言うか」とみんなで言ってやった。
なぜならこの人、虫垂炎に気づかずに化膿しまくった虫垂が破裂して腹膜炎になってようやく「なんかおなかが痛いような気がする」と病院に行き即緊急手術になった経歴を持つからだ。
しかも病院まで自分で車を運転していったので緊急手術と言われて「コインパーキングに車を駐車してあるので移動してから」と言って医者に思い切り怒られたし、手術2日後に「身体がなまるから」と腕立て伏せをして悪化させたという伝説もあるし。
そんなやつが親のことを文句言えるかとみんなでののしった後、「過去に一番痛かった病気や怪我の話」に花が咲いた。結論としては一番我慢できない痛みは虫歯だろうということに落ち着いた。
そして「我慢王」になぜか自分が選ばれた…
理由は椎間板ヘルニアを4ヶ月放置した実績らしい…orz

その後で自主練習をして、外国からのお客さんも稽古に加わっていたが…
ちとアクシデントがあり自分が手の指を脱臼。
しかもあいにくとその指は今かぶれてエライこっちゃになっているのではめようとしたら傷口がぱっくり開いて血が吹き出た。それを見て「ガハハ」と笑っていたら…外国からのお客様の顔が蒼白になり…ぶっ倒れた@@
すぐに気がついたが…彼いわく「小さな子供(自分のことらしい。確かにチビだが子供と間違えるとは失礼な!)が指を脱臼しても全然痛がらずにおまけに楽しげに大笑いしているのがとても怖かった。」そうだ。。
図体はでかいがまだまだ子供なのねえ(笑)
[PR]
by omote3k | 2006-08-31 22:17 | 日々の生活

隠れた達人

以前「夏風邪」をひいたと書いたことがある。
実はあれは「夏風邪」ではなかった。
解熱剤がきれると熱があがる、身体がやたらしんどい、夜中に咳が出る、気管支の調子が悪いと「どうも怪しい」。
更に人様から「病院に行った方が」とプッシュをされて日曜日に休日診療をしている医者にあきらめて行ってきた。

結果は「肺炎」 しかも「治りかけている肺炎」…orz
その前に風邪でなんで胸のレントゲン撮影をしたり採血されるのか不思議に思ったのだが医者は最初から肺炎を疑っていたらしい。
そしてこの医者にはすごい方がいたのだ。

自分の血管は細い。おまけにうなぎのように動くそうで採血のときはいつも大騒ぎになる。
しかしここのナースさん
普通に右腕から採血を一発でしたのだ!
ちなみに右の方が血管が細いらしくこっちで採血を成功した人って初めてかも
次に熱が高いので点滴をされたがこちらも左腕に一発で針が入った。
思わず「すごいですね」と言ったら「あーら これでご飯食べているんだもの」と軽くいなされた。
「いつもは暴れまくる子供が相手でしょ。暴れない分楽チンよお」と笑われた。
(初めて行ったこの医者、「内科・小児科」だが専門は小児科らしい…)
大きな病院でもいつも大騒ぎになるのに…
街中にある普通のお医者さんにこんな名人がいたとはビックリだ


最近人様から勧められて読んだ本
「武学探求」という本で武道の達人の本
これがまたいろんな武道をやって最終的に中国拳法を極めた方の本なのだが…
武道のはまり具合が半端でない@@
そんな「武道の達人」が華々しく世間に出ることもなく隠れて活動をされているのだ。
後100年若かったら弟子入りしたい…

世の中には「隠れた達人」が沢山いる。
普通に暮らしているけど実はその道のプロという方々
そんな人に憧れるものの…自分は無理っ
平凡な人間で十分だ。
[PR]
by omote3k | 2006-08-31 00:37 | 日々の生活

がんばれ 若者!!

今日は会社帰りにスポーツクラブへ

最近マシンコーチにどんどん新人さんが増えてきている。
今日も新人コーチがベテランコーチの後ろを金魚のふんのようについて回っていた。
腹筋のショートプログラムがあったので参加したが人数が少ないせいか研修中の新人コーチが参加。
しかし…見事なほどに腹筋が出来ていない@@
マシンコーチって体育大の若者とかがバイトでやるのかと思っていたがどうもそうではないようだ。いわゆる普通のフリーターなのかなあ?
プールの監視員は一応何キロ泳げるかとかの水泳能力のテストがあるらしいけどマシンコーチは違うのかもしれない。

でもそんなひょろひょろコーチも数ヶ月たつと筋肉がついてきてコーチらしくなってくるから面白い。人間鍛えればいくらでも変化するいいお手本になっているし。

適度にほどほどに運動する予定が…気がつけばまたがっつりきっちり動いてしまった。
明日はお稽古だし…はあ 頑張るぞお^^;
[PR]
by omote3k | 2006-08-30 21:58 | 日々の生活

あいまいな記憶

ようやく「ナルニア国物語」のDVDを見ることが出来た。
この話は子供の頃に原作本を読んだことがあるはずだが…全然記憶がない@@
子供時代に読んだ話を今改めて読むとすごくビックリすることがある。
自分の記憶と本の内容が違うことがあるからだ。
ううむ これは脳の老化現象か??

そこで噂の「脳トレ」ドリルを購入
ここでも意外な事実が!
絵を見て覚えて次のページの同じような絵との間違い探しはまだどうにかいける。
サイコロの断面図とか、図形を回転させてという問題はお手上げだ。
子供の頃から理数系は弱かったけど今も変わらないらしい^^;

今日の帰り、駅前の書店で「ナルニア国物語」の本を立ち読みしてみた。
どうも同時期に読んだ別の本と混ざって1つの話として記憶していたらしい…
乱読で本を読むのは早いけど忘れ去るのも早い…
なんか損をしているような気がする…
[PR]
by omote3k | 2006-08-29 22:03 | 日々の生活

魔法の言葉

昨日のこと。
お稽古終了後に片付けをしていたらある子がつつーっと自分に近寄ってきてこう話しかけてきた。
「先生、魔法の言葉知ってる?」
そう言われて頭に浮かんだのは…TVのお子様向け番組でヒーローやヒロインが正義の味方とかに変身するときの呪文の言葉だった。
「変身の時の呪文?」と聞いたら「違う」と言われた。
「判らないなあ。教えて下さい。」とお願いをしたら教えてくれた。

魔法の言葉には2種類ある。
人をハッピーにする3つの「す」と、使ってはいけない3つの「つ」

人をハッピーにする3つの「す」
「すてき」
「すごい」
「すばらしい」

例えば絵が上手に描けてそれをお友達に「わあ すごいね」「すてきだね」「すばらしいね」と言われたらすごく嬉しくて今度はもっと上手に絵を描こうと思うでしょ。
こんな風に言われた人にハッピーをあげる魔法の言葉がこの3つの「す」


では使ってはいけない3つの「つ」
「辛い」
「疲れた」
「つまらない」

お仕事で疲れたお父さんがお休みの日に遊園地に連れていってくれた。でも遊園地はとっても混雑していてなかなか乗り物に乗ることができない。こんなときに「待つのが辛い」「もう疲れた」「つまらない」と言ったらお父さんはどう思うか。折角楽しく遊ぶために来たのにがっかりしちゃうでしょう。もうこれからは遊園地に行くのはやめちゃおうかなって思うかもしれないよ。
言われた人をがっかりさせて哀しい思いをさせてしまうからこの使ってはいけない3つの「つ」はなるべく使わないようにしよう。


幼稚園のサマースクールで園長先生に聞いたお話だそうだ。
今の幼稚園って随分アカデミックなのねえと感心すると共に…わが身を振り返って反省した。
最近何かに「すごい」「すてき」「すばらしい」と感動することなんてなかった。
反対に「辛い」とか「疲れた」は日々の生活でつい口に出してしまいがち…

これからは自分も人をハッピーにする3つの「す」を心がけようと思う。
ボランティアで子供さんに格闘技を教えている自分だが…
結局は子供さんから学ぶことの方が多い。
教えているなんてとんでもない。自分が教えていただいて学ばせていただいているのだ。
本当に感謝しないといけない…


この話を傍で聞いていた仲間がこの魔法を教えてくれた子に難問を出した。
「じゃあmike先生をハッピーにする3つの「す」で表現してみて」
難しいことを言うものだと思ったが…その子は少し考えてからこう答えた。

「すごく元気で、すてきにおっかなくて、すばらしく男らしい!」

あのお…これって褒め言葉でしょうか…(汗)
[PR]
by omote3k | 2006-08-28 21:55 | 日々の生活

ショック!

お稽古を終えてちょいと寄り道をして帰宅
帰宅の前に自宅の近くで自家製パンのベーカリーに寄る。
ここはアレルギー品目が詳しく表示されていているし、なによりパンがおいしい
しかーし、ビルの建て替えのために明日で閉店だそうだ。ガーン@@

帰宅してクリーニング店へ
次に近くの大型スーパーへ
実は財布が壊れてしまい新しいのを買おうと思ったのだが…
子供向け・ギャル向け・年配の方向けしかないよー
うう やはりデパートに行った方がよかったかも
でも買わないと仕方が無いので一番許せるものを選択

書店で妙なコミックを発見
「あおくび大根」(山崎 健:作)
馬鹿馬鹿しくておもしろーい!
あおくび大根が床屋で髪(葉っぱ??)をカットしたり、お風呂に入ったり…
なかなかオススメです
[PR]
by omote3k | 2006-08-27 17:44 | 日々の生活

最近の子供って…

よく考えてみたら今日は8月最後の土曜日
そこでお稽古前に「夏休みの宿題終わった?」と子供達に聞いてみた。
今の子供はすごい。とっくに宿題を終えているとさも当たり前という顔でさらっと答えるじゃないか。夏の風物詩「宿題が間に合わず毎年毎年怒られながらお父さんに手伝ってもらうサザ○さん家のカ○オくん」みたいな子供って絶滅したんだろうか…
中には自由研究で「株価の変動とニュース」なる難解なものに挑戦したという子供がいるのにはビックリ。日々のニュースが株価にどう影響を与えてどう変動するかをまとめたというがこれをまとめたのは小4の子。小学生で株価という言葉をを知っていること自体驚きなのに~

稽古の後で友人と一緒に昼食を食べに行った。
この友人は昔通っていたスポーツクラブで知り合った。
会社をやめて海外に語学留学して向こうで知り合った現地の方と結婚。
今年になってご主人の仕事の関係で日本に戻ってきて何度かメールをやりとりしたり会ったりしていた。今日会った友人はやや落ち込み気味だった
「なんか日本の方が異国に思えてならない」と愚痴られた。
地下鉄に乗って買い物に行った友人。途中の駅から車椅子の方が駅員さんに付き添われて乗車してきた。車椅子の方を乗せて安全確認をするので駅への停車時間が少しかかった。
それを見ていた電車に乗っていた女子高生2人組が「ええー 待ち合わせに遅くなっちゃう。マジ迷惑なんだけどー」とか「うざっ。動けないやつは家で寝ていればいいんだよ」とか聞こえよがしに言うのを聞いてビックリしたという。
更に驚いたのはそれを聞いても回りの大人が誰1人注意をしないこと。たまらず友人が注意をしようとしたら老婦人が「あなた方だっていつどうなるか判らないのよ。自分がそうなったときのことを考えてみなさい」とびしゃっと注意をし、女子高生達は下を向いて閉まりかけたドアからホームへと走り去ったそうだ。
ああ 世も末だ… 自分がその場にいたら秒速でキレていただろうなあ

障害者やお年寄りなど、弱者に冷たいこの日本でこのまま暮らしたくないと話す友人
ご主人の仕事の関係で数年後にはまたご主人とともにご主人の国に戻ることになるらしい。
肘を机にぶつけて「アウチ」と叫ぶなど…すっかり海外生活になじんでいるみたいだし。
でも自分はこの日本という国でこれからずっと暮らしていくのだろうなあ
なんか自分の行く末を思うと…暗い気分になるのはなぜだろう…
[PR]
by omote3k | 2006-08-26 19:58 | 吼える

謎の白衣軍団

稽古の後で友人とランチを一緒にする約束をしていたので待ち合わせ場所へ移動をした。
とってもおいしいカレー屋さんがあるので一緒に行こうと言われて初めて行く町へ。
地下鉄に乗ってつい寝てしまい、どこかの駅に着いて「○○…」というアナウンスが聞こえたので慌てて下車。言われたとおりに改札を出て左側へ進むが…なんか違う。待ち合わせの場所にあるはずの建物がない。代りにスーパーがある。
急いで友人に携帯でメールをしてからより電波のよい場所に移動しようとして中庭みたいなところへ出た。
友人からメールがきた。どうも駅を間違えたらしい。
戻ろうと思ったら背の高い若い男性に声をかけられた。
姿勢がどうのと言っている。訳もわからずについていくと…白衣を着た謎の軍団!(といっても3人の白衣を着た人)
なんでも姿勢をチェックして健康がどうのこうのと言われたが…とっさに脳裏に浮かんだのは「怪しい@@姿勢をチェックしてマットレスとか磁気ネックレスとか売りつける団体かもしれない」と思い、「マットレスとか売りつけませんよね」とストレートに質問をしてしまった。「そんなことはしませんよ」と言われたし断るのも面倒くさいのでその謎の姿勢検査を受けることに。目をつむって4歩その場で足踏みをして目を開けてじっと立っていてくださいと言われた。
検査の結果、右肩がさがっている、まっすぐ正面をむいているつもりが右を向いていると言われた@@確かにその癖があるのは自覚しているので「割とまっとうなことを言うじゃん」と少し見直した。過去の怪我歴とかを聞かれて最後に治療院のパンフを渡された。パラパラと見ると『国際基準のカイロプラクター…』うんぬんという一文を見つけた。
「もしやロイヤルなんちゃら大学の…」と聞くと「全員そこの卒業生です。」と言われた@@
やばい!自分もお世話になっている先生のお仲間だー
急いで「マットレスがどうのと暴言を吐いて申し訳ございません」と平謝り。実は自分もカイロに通っていて同じ大学ご出身の先生にお世話になっていますというと「誰ですか」と聞かれたけど…暴言を吐いておいてそんなことを言ったらお世話になっている先生に迷惑がかかりそうで言わずに逃げ帰った。
ああ 世の中どこでどんな人に出会うか判らないものだ…
おかげで友人と会っておいしいカレーを食べても味がよく判らなかった@@ ぐっすん…
Nカイロの先生方 ごめんなさい<(_ _)>
[PR]
by omote3k | 2006-08-26 17:35 | 日々の生活

風邪引き中

昨日から夏風邪中
「バカは夏風邪をひく」を身を持って立証してしまった(笑)

風邪をひいたときに自分が必ず食べたくなるのは「アイスクリーム」
しかし世の中にはツワモノがいる。
「風邪のときは思い切りスパイスのきいた辛いカレーを食べる」という知人がいる。
風邪をひいて喉が真っ赤に腫れていてもカレー
熱があって寒気がして食欲がなくてもカレー
それって具合が悪くなのではないか?と疑ってしまうけど本人はまじめ
「刺激を与えて汗をかいてよくなる」という理論があるらしい。
しかし…それって身体にいいのかなあ?

まあ我が家には風邪をひいて会社を休み…某ピザチェーンでLサイズのピザと1リットルのコーラとチキン3ピースたいらげた人がいるからなあ(苦笑)
[PR]
by omote3k | 2006-08-25 22:25 | 日々の生活

意外にも…

今日は道場でのお稽古がないのでスポーツクラブに行こうと思っていた。
ちゃんと準備もして会社に行ったのだが…
どうも気乗りがせずにそのまま帰宅。

気乗りしない理由その1:体調不良
朝から喉が痛かったり自分的『微熱』があった。
身体がだるいしあちこち痛いので今日は運動をあきらめて帰宅。
少し熱があるものの…まあこれ位なら許容範囲

気乗りしない理由その2:家人のこと
最近家人はよく「胸が痛い」と言う。
左だったり右だったり場所は限定できない。
元々「肋間神経痛」もちなのでさほど心配はしていなかったが…家人は自分と反対でめちゃくちゃ心配性。頭痛が続くと「脳腫瘍ではないか」とわざわざ脳外科専門病院で検査を受けたことが数回ある。病院ではそのたびに「太りすぎ」とか「運動不足」、「肩こり」というしょうもない病名を言われて帰ってくるというオチがついているが^^;
今回も「心臓病ではないか」と言い出してわざわざ循環器専門病院へ先週でかけた。
ここでは「太りすぎのせいだとは思うけど」と精密検査を勧められた。
その検査が今日。やつは午後から会社を休んで病院へ行ったはず。
心電図と運動負荷検査(エアロバイクを漕ぐ、もしくはトレッドミルで歩くなど運動をしながらの死蔵の動きを調べる検査)をやるらしい。
家人は学生時代は陸上で中距離走をしていたらしい。
今はでぶりんでおもかげもないけど学生時代の写真は超スリム

帰宅したら…家人がいない@@
メールをしたらどうやら会社で仕事をしているらしい。
「大丈夫なの?」とメールをしたら「大丈夫」という返信メールがきた。
どうやら杞憂だったようで一安心

今回の騒動の前に職場で健康診断を受けた家人。
体脂肪率を測定したら意外な結果は出たらしい。
肥満は肥満でも想像よりも低かった。
おまけに上半身と下半身だと下半身は脂肪はほぼゼロ
つまりやつの脂肪はすべて「まろやかな腹部」に集中しているらしい…
ううー どうにかして痩せてもらわないと…難問だ@@
[PR]
by omote3k | 2006-08-24 22:15 | 日々の生活