格闘技で疲れても…スポーツジムは別腹☆


by omote3k
カレンダー

<   2006年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

あと1ヶ月

明日から12月
2006年もあと1ヶ月となってしまった。
この11ヶ月であったことを思い出すと…
救急車に生まれて初めて3度も搭乗。
しかも2回はつきそいだが1回は自分が主役というか搬送される目に遭遇
家人の2度の入院&腹膜炎の手術にワタワタしたし

ただお稽古の方は今年もなんとか順調♪
今一番怖いのは「クリスマスに仮装して試合」というとんでもねえ案が浮上していること。
誰がサンタとかトナカイの格好して格闘せにゃいかんのじゃあ!(怒)

そういえばなんだかんだといいつつもカイロにもちゃんと通っているなあ
白衣も医者も大嫌いの自分にしてはすごい進歩だ。
ただ仲間うちでは自分を診てくれる物好きな先生は「銀河系一不幸なカイロプラクター」と呼ばれている@@
ちなみに友人を診ている先生は「太陽系一不幸なカイロプラクター」
せめて自分も太陽系位の規模の不幸で済むように精進せねば^^;

昨日の脳震盪で失った記憶はいまだ戻ってこない。
といっても暴れる前にしてた稽古の内容くらいなので問題なし
ただ…あちこち痛いのはなぜだろう?気のせいだよね
[PR]
by omote3k | 2006-11-30 22:16 | 日々の生活

飛んで 飛んで…

仕事や家庭のストレスは動いて発散だと張り切りすぎました。。
稽古の後で自主練習をしていてもろ脳天に蹴りが入りまして…脳震盪でぶっ倒れました。
意識がなかったのはほんの数秒ですが…記憶が飛んでいました。
一瞬自分がどこで何をしているのかわからずボーっとしてました。
いやあ 油断大敵 一寸先は闇でございます。
気をつけないといかんなあ
先日カイロに行った後はすこぶる好調で頭痛も肩が重いような感じもなくなっていたのにそいつらが戻ってきちゃいました(>_<)
気をつけないといけません。反省

でも…やられっぱなしは悲しいし悔しいから…
そのあと相手の人の手の指があらぬ方向を向くほど攻撃してお返しはちゃんと…
転んでもただでは起きない性格は相変わらず…^^;
[PR]
by omote3k | 2006-11-29 21:27 | 日々の生活

喧嘩

昨日は帰宅して久々に家人と喧嘩

仕事で遅くなるので先に食事をしておいてとあらかじめメールをしておいた。パンもあるし冷蔵庫にはご飯もうどんもある。なべにスープがあるのでそれを温めればいいだけだし。
しかし帰宅したら先に帰っていた家人はパソコンで遊んでいた。
それを言うと「5分前に戻ったばかり」と言い訳をされた。
でもパソコンを見るとすでに何度もゲームで遊んでいる。つまり5分前に帰宅したばかりというのはうそになる。
次に「ご飯がなかった」といわれたが冷蔵庫を開ければすぐにご飯はみつかる。冷蔵庫を開けて探すことは一切していないということ。
それを指摘したら「疲れていたからあとでやろうと思った。」「帰宅して疲れたんだから座ってゆっくりする位いいじゃないか」と言う。
「じゃあ「今は疲れているから後で自分でやる」と言えばいい」と言ったらキレられた。
自分は病人なんだ、まだ医者にも安静にしていろと言われた。仕事で疲れているetc

自分も仕事をしている。遊んでいるわけではない。
会社で仕事、家で仕事。先に帰宅したならば自分のことは自分でやって欲しいというのはわがままなんだろうか?もともと我が家では「11時を過ぎたら食事は自分でなんとかする」という約束事があるのだがそれはどこへ??
家人を診た医者は3人いる。
それぞれが別のことを言う。その中で1人の医者は「とにかく安静に」というがあと2人は「自分でどんどん動け」という。誰の言うことを信じるかは家人の選択。

結局は自分がやることになるんだけどねー
「病人にいたわりを」と言われたが…あんた病気をする前から何もしなかったじゃん!!
女性ってつくづく損だなと思ってしまった。。。
自分も病気で寝込んでみたいよ…
でもそうすると今まで元気だった家人が「自分も具合が悪いかも」と言い出して寝込むので結局はどんなに具合が悪くとも自分が動くしかないことは何度も経験済。
だから具合が悪くとも絶対に家人には言えない。
言えば余計面倒になるから。
世間のご家庭もこんなものだろうか??
[PR]
by omote3k | 2006-11-29 06:55 | 吼える

疲れた

残業しての帰り道
乗った電車は朝の通勤ラッシュ並みの大混雑@@
そしてなぜか自分のすぐ後ろで痴話喧嘩勃発

彼氏が飲みにいった店のママさんと仲良く会話をしていたのが許せない彼女
社交辞令だとなだめる彼氏
両者とも酒を飲んだ帰りなので声がでかい@@
これに20分耐え忍んで参りました。
もう今日はダメだあ~
何もやる気がでませんわ とほほ

しかしまあ。。若いってすばらしいし無敵だわ(笑)
[PR]
by omote3k | 2006-11-28 22:36 | 日々の生活

雑感

今日は冬物のコートを出した。
中には「去年これって着たかなあ?」というようなコートもある。
整理をしないといけないのだが「高かったし」とか「物はいいんだし」と思うとなかなか捨てることが出来ない。

物欲というものにはつきることがないのだろうか。
どれだけあっても新しいものを見れば欲しくなる。
凝り性の自分は「これいいな」と思うと同じものや色違いを何枚もまとめて買う癖がある。
知らない人がみると「あの人いつも同じ服ばかり」と思われるかもしれない。
服に対する物欲はまだいい。
本に対する欲はそれこそつきることがない。
いまだ未読の本の小山が出来ているのに今日も新刊本を4冊買い込んでしまった。。
しかもそのうちの1冊は何を血迷ったのか恋愛もののハードカバー
めったにそんなジャンルは読まないのにー

恋愛といえば…
「愛している」という言葉は結婚済の家庭ではどれ位の頻度で出るものだろう?
実家ではそんな言葉を両親の口から発せられたことは1度もなかったと思う。
少なくとも子供の前ではなかった。
どうも自分的には「愛」という言葉はうさんくさいものに思えてならない。
「愛している」といえばなんでも通る免罪符というか…
そして我が家には軽々しくこの言葉を乱発する人間がいる。
その言葉を聞くたびに「なんか莫迦にされている気分がする」と思う自分がひねくれ者なんだろうか?
水戸のご老公だって20:40位にならないと印籠を出さないのだ。
最初から最後まで「ぼくって水戸のご老公で偉いんだもんねえ」と印籠を見せびらかして周囲の人にえばりちらす悪い水戸黄門のドラマを見ているような気分がしてならないのだが…
やっぱり自分がおかしいのかなあ?
普通は旦那さんに「愛している」と言われたら嬉しいのだろうか?
自分には女性としての、いや人としての何かが欠けているのかもしれないな
[PR]
by omote3k | 2006-11-27 21:09 | 日々の生活

マグロ

自分はマグロ人間かもしれない。
動いていないとどうもイライラする。
お稽古中もつい無駄に動いて体力を消耗しがち。
コトバで指導できればいいのだけれどついつい自分が動いてしまう。

たまに考える。
自分は何のために格闘技をし何のためにスポーツクラブへ通うのか。
どうしてここまでがむしゃらに動くのか。
精神的苦痛から逃げようとして始めた格闘技に今ではどっぷりつかっている。
いつか動けなくなったらどうなるのだろう?
マグロはずっと泳ぎ続ける人生(マグロ生か)
自分もできればそうありたいとは思うのだが…

今日知り合いからメールがきた。
11月一杯で指導員から足を洗うという自分より2つ年上の方。
自分にもそのうち決断のときがくるのだろうなあ…
[PR]
by omote3k | 2006-11-26 20:36 | 日々の生活

がーーん@@

ブログを徘徊していたら妙なコトバに巡り合った。

「自分に厳しい」と言う心理の裏に2種類の感情がある。
ひとつは、
更なる向上心からくる厳しさ。
これは、自分の価値を認めつつさらに上を目指す前向きな向上心。

もうひとつは、
自分の無価値感や罪悪感を埋め合わせるための厳しさ


とほほ 自分の「自分に厳しい」は多分2番目に該当する予感^^;
[PR]
by omote3k | 2006-11-25 22:34 | 日々の生活

ちょっといい話

今日道場である人に会って…驚いた。
頭がツルッツルの丸坊主に変身していたあ@@
確か先々週に会ったときは普通に髪の毛があったのにぃー
「どうしたんですか?」と聞いたら「いやあ」と笑いながら次の話を教えてくれた。

彼は営業職のリーマン
彼の同僚の方で奥様が病気で半年入院していたが先週やっと退院した方がいるそうだ。
でも奥様は治療に使った薬の副作用で髪の毛や眉毛が全部抜けてしまったそうで曇り顔。
そこで同僚の方とそのお子さんは「お揃いにすれば」と坊主頭にしたという。
但し営業で坊主頭は色々と差し障りがあるらしく訪問先で色々と言われたらしい。
それを聞いた同僚一同は「1人だけ坊主頭だから目立つんだ。みんなが坊主なら目立たない」と相談をして…全員坊主頭にしたという。
訪問先で怪訝な顔をされても事情を説明すると「そういうことなら」と納得してもらえたし、反対に「あの坊主の営業の人」と顔と名前を覚えてもらいかえって仕事率UP!
最初は渋い顔をしていた上司まで先日坊主にしてきたそうだ。

これを聞いて感動した。
なぜならこの坊主にした方はオシャレ大好きな方で特に髪型にはこだわりがあって有名カリスマ美容師に3ヶ月予約待ち覚悟でカットをしてもらっていると自慢していてから。
「剃るときは町の床屋さんに行きました。床屋なんて小学生以来です。理由を説明したら床屋のご主人に「アンタいい男だ」と褒められちゃいました」と語る彼。
アッパレ!としか言えませぬ
[PR]
by omote3k | 2006-11-25 21:04 | 日々の生活

傷口

腹膜炎から無事娑婆に生還した家人
腹部にはまるでブラックジャッ○のような見事な傷跡が残っている。
それを毎日イソジンの消毒液で消毒してガーゼをあてて腹帯を巻くのが自分の仕事。
最近ようやく縫ったところがかさぶたになってきた。
しかしドレーンを突っ込んでいた穴がなかなか治らない@@
外来診療を受けたときにも手術を担当した医師が外来の担当日で「傷の治りが悪い」と言われたらしく凹んでいた。

しかし病院生活でよかったこともある。
脂っこいものが苦手になったし、以前は絶対に食べなかった「野菜の煮物」を食べるようになった。これは嬉しい。
食の好みが変わったというが…ずっと続いてくれるといいなあ~♪
ただ休日もずっと家にいられると…掃除とか片付け物をしたいのに何も出来ずイライラする。
「亭主元気で留守がいい」と心の中で唱える自分って鬼嫁??^^;

明日は土曜日☆
明日も…適度に暴れてストレス発散せねば!
[PR]
by omote3k | 2006-11-24 21:58 | 日々の生活

お知らせ

どうもここ数日エキサイトブログは不調のようです。
入れなかったりコメントができなかったりと不具合発生しています。
他の某ブログではサーバーエラーで過去記事が消えて泣いている人もいるのでまだマジだとは思いますが…
それだけブロガーが増えたってことでしょうか?
[PR]
by omote3k | 2006-11-24 00:38 | 日々の生活