格闘技で疲れても…スポーツジムは別腹☆


by omote3k
カレンダー

<   2007年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

すげえ…

自分の最寄り駅の付近にゴルフの練習場がある。
どうやらそこに通うのだろうか? 最近小さな身体にゴルフ道具の入った重そうなバッグを持った子供を多く見かける。
未来のタイガーウッズや未来の藍ちゃん候補生らしい。
知り合いに鍼灸師がいる。
最近ゴルフで身体を壊す子供がくるようになったとこぼしてた。
ずーっと同じ動作をするのは体に負担がかかる。
子供も好きでやっているという訳ではないらしい。
どうも親がやらせているらしいが親に注意しても納得してもらえないらしい。

「とにかく今痛みがとれればいい」
「また痛くなったら来るんだから先生にとってもプラスでしょ」
「これだけ投資したんだから少しは元をとらないと」

子供は親の所有物ではない。
ましてや株式でも先物取引銘柄でもない。
投資したから見返りをと期待するとはそれでも親だろうか?
いやはや…お金が絡むとわが子かわいさはどこかへ行ってしまうのだろうか?

勿論どんなスポーツだってリスクはともなう。
同じ運動をずっと続けていたら不具合も出る。
うん?これって自分にも当てはまるかも(^^;
[PR]
by omote3k | 2007-08-31 22:23 | 日々の生活

気疲れしたあ

今日の夜は取引先との「暑気払い会」という名の飲み会
運悪くこの取引先との事務担当のため強制的に出席するはめになった。
ただこの取引先は年齢層が高いので無茶飲みとか飲みを強制されることはない。
どちらかというと「静かに粛々」と飲み会が進むだけ
ええと…お通夜に近いといったら失礼だろうけどまさにそんな感じだ。
なにせ一番エライ会長は御年90いくつ
飲んでいてもたまに動きがピタッと止まることがあり「だ、大丈夫ですか?」と心配になる。
おまけに今そこに自分の勤務先の前々社長がいる。
久々に前々社長に会ったが…この方は昔から鼻毛が長いことで有名だったが
今日も元気に鼻毛が「こんにちは~」
ええーい 進歩のない人だ@@
[PR]
by omote3k | 2007-08-30 22:12 | 日々の生活

肝に銘じ…たい

ぎっくり腰から9日経過
昨日はお稽古でガンガン動いてみたけどもう大丈夫らしい。
普通の腰痛しかないもんねえ~
(普通の人は腰痛はないのでは?という質問はなしということで…)

今回のぎっくり腰でつくづくこう思った。

「ぎっくり腰を甘く見てはイカン!」
そして
「自分の体力を過信してはダメ」


身体は確実に年を重ねて衰えていく。
でも頭の中には昔のガツンガツン動けた自分のイメージがある。
そこでつい昔と同じようにガーッと動いて…後から今回のように報いを受ける。
ううー 肝に銘じたいが…多分一晩寝たら忘れるだろう(^^;
それが自分と言う人間だ
そしてそんな自分が結構気に入っているのだからタチが悪い(-_=;)
まっ 無理できるうちが華ですし
[PR]
by omote3k | 2007-08-29 21:59 | 日々の生活

すごいなあ

今の子供さんって本当に大変ですごいと思う。

だって小学校1年生で「英語の授業がある。しかも先生は外国人。英語の授業では一切日本語禁止でトイレに行きたいときも勿論英語で話さないとダメ」ってすごい!
私立の学校ってそこまでするのかとあっけにとられた。
公立校はそこまで行ってはいないと思うけど、土曜日が休みの影響なのか小1から授業が6時間あると聞いて驚いた。
つくづく早く生まれておいて助かった(笑)

子供のうちから勉強を詰め込まれ、放課後は塾や習い事に追われて大変そうだ。
公立の小学校はクラスの半分以上が私立中学に進むという。
人よりもいい学校に行くのが使命らしいが…
子供のときしか出来ないことってあると思う。
どろんこになって遊ぶとか、放課後に学校の校庭で友達とスポーツをするとか
キャッチボールをしたことがないという子供が年々増えているような気がする。
したくても相手がいないのだ。
友達は忙しい。父親は帰りが遅いし休日も不在。母親は問題外。
道場に通うようになり、大学生の門下生と生まれて初めてキャッチボールをしたと目を輝かせて話す子供の数が増えている。

子供は遊ぶのが仕事と自分の子供時代はそう言われた。
今の子供の仕事はお勉強かな? やれやれ…
[PR]
by omote3k | 2007-08-28 21:59 | 吼える

面倒くさい1週間

月末間近でめちゃくちゃ多忙な1週間の始まり

しかし…週末に会社の行事を2日続けて入れられてしまった(>_<)
1件は取引先との暑気払い会という名の飲み会
そしてその翌日は会社で仕事上の発表会だがメインは実は二次会の飲み会のほう
つくづく…
「会社のオヂって会社のお金で飲むのが大好き♪」なんだなあと感心する。
自腹を切らずにいかに飲むか
それだけを考えて日々暮らしているような方もいるし

しかし…それだけみなさん「お小遣い」が少ないのだろうか?
そこそこの役職だし一応それなりの給与はもらっているだろうに(溜息)
なんか飲みに執着するおぢってみっともねえって思うんだけどなあ
[PR]
by omote3k | 2007-08-27 23:46 | 吼える

ケチャラーな家人

我が家の家人は「ケチャラー」だ。
コロッケにもハンバーグにもケチャップをかける。
中でも好物の卵(目玉焼・オムレツ・卵焼き)は見た途端にケチャップをドバーッ
まるで条件反射のように「卵→トマトケチャップ」と脳内に刷り込まれているよう…

今日の夕食は「冷やし中華」
暑い思いをしながら麺をゆでてから冷ます。
次にお皿に麺を盛り付け、その上にカニカマ、野菜、細切りにした薄焼き卵を飾る。
そしてガガーッと昼寝ならぬ夕方寝をしていた家人を起こす。
ねぼけまなこで起きてきた家人。
そしてテーブルを見て冷蔵庫を開けて…



止める間もなく冷やし中華の上の薄焼き卵にケチャップをドバーッ(笑)

がっかりだよぉーー
寝ぼけていたから間違えたとブツブツ言いつつも
結局トマトケチャップがけの冷やし中華をそのまま平らげておりました。
冷やし中華のスープとケチャップ
果たして相性はいかがなものかと…
まっ 自分で試す気はサラサラございません!(笑)
[PR]
by omote3k | 2007-08-26 18:52 | 日々の生活

金・チタン・シルバー

先週の月曜にぎっくり腰になった。
明日でちょうど1週間たつが…いまいち治りが悪い(>_<)
なぜならば「痛くても大人しくしておらずやりたい放題運動しているから」(笑)
先週は嫌がらせのように3日連続でカイロに行きどうにか動けるようにしてもらった。
そしてそんな先生の苦労はこの土・日でおそらくふっとんだと思われる。

今日のお稽古の後、仲間の鍼灸師が「友達だからサービスでやってやる」と鍼治療をしてくれた。
使う鍼がすごい
「純金」・「純チタン」・「純シルバー」
なんでも混ざり物がないほうが身体によいし金属アレルギーを起こす心配もないからだそうだけど…お値段もそれなりにするそうだ(^^;

ただ…
貧乏性なもので「純金ですかぁー」ともうそれだけで治った気分に
実際に鍼の後は一時的に痛みが取れて
ついスーパーで買い物だ♪と歩き倒してしまい…即行で痛いのが戻ってきた(T_T)
ああ だから「莫迦は死ななきゃ治らない」っていうんだよねー
それでもきっと明日カイロに行けばまた復活するに違いない!

ただ…先生に怒られるかなあ…orz
[PR]
by omote3k | 2007-08-26 17:44 | 吼える

歯医者との闘い

今日の夕方に歯医者に行ってきた。
自分の歯にはとても迷惑をかけていると思う。
元々歯が小さいうえに、格闘技をすると歯をくいしばることが多く負担がかかる。
更に顔面を殴打されたり蹴られたりで欠けたり折れたりと災難続きだ。
以前親知らずの虫歯で人生最大のイテテを経験して以来、なるべく歯医者にはこまめに行くように心がけている。
といってもやっぱり痛くならないといかないけど(^^;

今は一通り治療が済んで月1でメンテナンスというか歯石を取りに通っている。
歯医者に行く前は普通の歯ブラシで磨く→音波歯ブラシで仕上げと2段階でせっせと磨き上げていくことにしている。
それでも歯医者に行くたびに「ここに磨き残しが」とか「ここの隙間が磨きにくいから」とかチェックを受けてしまう。
それが悔しい!
適当に磨いていってアラをみつけられるならまだいい。
ちゃーんと磨いて「よっしゃあ~」と行っても色々アラを見つけられるのは悔しい。
いつかは「完璧です」と歯医者に言わせてみたい。
夢かなあ そんなこと(^^;
[PR]
by omote3k | 2007-08-25 20:45 | 日々の生活

夏祭り

今日外出先で夏祭りの光景を見た。
といっても自分の知っている祭りとはちょいと違う。
商店街の方々がテントを出して物を売ったりしている光景はなんか違和感が…

自分の実家の近くでは定期的に縁日の出る神社がある。
テキやさんの屋台が並び…お正月には妙な店も出ていた。

自分が子供のときのことだが…
「身体がへびのへび少女」とか「首が長いろくろっくびの女性」とかが出るお店
勿論インチキなのだが…客寄せの人の口上が見事でついその気になった。
お金を入って中に入ると大きなへびのぬいぐるみを腰のあたりにつけた女性が寝転んでいるだけなんだけど(^^;
子供だましもはなはだしいけど…でも騙されても楽しいからいいいけど
[PR]
by omote3k | 2007-08-24 22:14 | 日々の生活

高校野球

いつのまにか始まって
気づくといつのまにか終わっている
それが自分にとっての「高校野球」

自分が中学のとき、自宅の近くで同じ中学に通う同年齢の男子がいた。
高校は野球推薦ですすみ、確か1度甲子園にも出たはず。
その男子の家の近くを女子高生がウロウロしたりしていた
大学を出てプロへすすみ、一度球団を代わって見事優勝した。
そのときにTV番組で何度もその男子を見た。
正直言って「へええ」としか思わなかった。

その後…あまりぱっとしないまま引退しそのまま球団の事務をすることに。
たまーに実家の近くで見かけることもあったが…普通の人になっていた。

彼は高校時代が一番輝いていたかもしれないなあ
今は普通のおじさんだもの
最後に見かけたのは2年前かな?
プロ野球選手だったとは思えないようなメタボなお腹だった(>_<)


いまだに高校野球を見ると「こんなくそマジメでいいのかあ?」と思ってしまう。
みなボーズ頭、誰か1人でも不祥事をしたら連帯責任だし
ヤンキーの高校球児って…ありえないのかな?
[PR]
by omote3k | 2007-08-23 22:54 | 日々の生活